プラセンタで疲労回復!その他体に良いことも紹介

プラセンタとは英語で胎盤のことです。サプリメントやドリンクには、動物の胎盤を使用しています。哺乳類は出産後に胎盤を食べますが、これは胎盤を食べて出産後の体力の回復をはかっているといわれています。

プラセンタが疲労回復によいのは、栄養素を豊富に含んでいるからです。

アミノ酸、ビタミンB1、ビタミンC、マグネシウムなどは疲労回復によい栄養素です。アミノ酸の中でもBCAAは筋肉にとって重要なアミノ酸です。BCAAを摂取することで、筋肉の修復が促されて疲労回復が期待できます。体を動かしたり脳を使うと、エネルギーとして糖をたくさん必要とします。ビタミンB1は糖の代謝に必要でエネルギーをサポートします。ビタミンCはストレスに対抗するホルモンを作るのに必要で、ストレスによる疲労回復を助けます。マグネシウムは体内のさまざまな酵素の分泌にかかわっています。

疲労の原因の一つが活性酸素です。酸素を吸ってエネルギーを作っていますが、この過程で2%ほどの活性酸素が発生します。体を動かしたり脳を使うことで活性酸素が大量に発生します。さらに、ストレス、大気汚染、不規則な生活なども活性酸素の発生を増やします。

体には活性酸素を消去する力があるのですが、大量に発生すると処理が追いつきません。プラセンタには活性酸素を消去するSOD酵素が含まれていて、疲労の回復をサポートします。

プラセンタを摂取するだけでなく、その他の方法も取り入れることでさらに高い疲労回復効果が期待できます。

睡眠は体の修復をして体力を回復させるために大切なものです。1日4時間や5時間睡眠の方がプラセンタを摂取しても、睡眠を摂らないと疲労回復はあまり期待できません。人それぞれ必要な睡眠時間は違いますが、最低でも7時間くらいは睡眠時間を確保しましょう。